宇宙開発で起こった事故一覧


カテゴリ :  
宇宙
  
衛星・ロケット
  
事故
  

* 2021/12/26.

年月日 事故
ソビエト連邦・ロシア連邦 1960年10月24日 ニェジェーリンの大惨事
大陸間弾道ミサイルR-16が打ち上げ直前に突然爆発。90~150人死亡。
1967年4月24日 ソユーズ1号帰還失敗
大気圏再突入時にパラシュートが正常に開かず地上に激突。宇宙飛行士1人死亡。
1971年6月30日 ソユーズ11号帰還失敗
大気圏再突入の準備中に宇宙船内の空気が失われた。宇宙飛行士3人死亡。
1973年6月26日 コスモス3Mロケット打ち上げ失敗
9人死亡。
1975年4月5日 ソユーズ18a号打ち上げ失敗
打ち上げ後にロケットが異常を起こした。高度145kmでカプセルが緊急分離され宇宙飛行士2人は生還。
1980年3月18日 ボストーク2Mロケット爆発
地上で過酸化水素を充填中のボストーク2Mロケットが爆発。48人死亡。
1983年9月26日 ソユーズT-10-1火災事故
打ち上げ直前にロケットが炎上・爆発。爆発2秒前に打ち上げ脱出システムが作動し、宇宙飛行士2人は生還。
1997年2月23日 宇宙ステーション・ミール火災
ミールの「クバント1」モジュールで火災が発生し、船内に有毒ガスが充満した。宇宙飛行士は無事だった。
1997年6月25日 ミール減圧
ミールの「スペクトル」モジュールに無人輸送船プログレスM-34が衝突し、減圧が発生した。宇宙飛行士は無事だった。
2002年10月15日 ソユーズ-Uロケット打ち上げ失敗
ソユーズロケット(フォトンM1を搭載)が打ち上げ29秒後に墜落。1人死亡、8人負傷。
2018年10月11日 ソユーズMS-10打ち上げ失敗
打ち上げ後にロケットが異常を起こした。打ち上げ脱出システムが作動し、宇宙飛行士2人は生還。
アメリカ合衆国 1964年4月14日 デルタロケット暴発事故
デルタロケット3段目が地上で暴発。3人死亡、8人負傷。
1966年3月16日 ジェミニ8号
衛星軌道上で宇宙船の姿勢制御ロケットが暴発し、船体が異常な速度で回転。飛行中止を余儀なくされた。宇宙飛行士2人生還。
1967年1月27日 アポロ1号火災事故
地上訓練中に司令船が炎上。船内にいた宇宙飛行士3人が死亡。
1970年4月13日 アポロ13号爆発事故
月への途上で機械船の液体酸素タンクが爆発。宇宙飛行士3人は生還。
1986年1月28日 チャレンジャー号爆発事故
スペースシャトル「チャレンジャー」が打ち上げ直後に空中分解した。宇宙飛行士7人死亡。
2003年2月1日 コロンビア号空中分解事故
スペースシャトル「コロンビア」が大気圏再突入時に空中分解した。宇宙飛行士7人死亡。
2014年10月31日 スペースシップツー墜落事故
宇宙旅行会社ヴァージン・ギャラクティックの弾道飛行スペースプレーン「スペースシップツー」が墜落した。乗員2名死傷。
中華人民共和国 1996年2月15日 長征3Bロケットの打ち上げ失敗
長征3Bロケット1号機が打ち上げ直後に制御不能に陥り、近隣の村に墜落。少なくとも6人が死亡した。
ブラジル 2003年8月22日 ブラジルロケット爆発事故
VLS-1ロケット1段目が地上で暴発。21人死亡。
日本 1962年5月24日 K-8-10ロケット爆発事故
秋田ロケット実験場でK-8-10ロケット10号機が打ち上げ直後に爆発。周囲を巻き込んで火災を発生させた。死傷者は無かったが、実験場は閉鎖された。
1991年8月8日 LE-7ロケットエンジン破裂事故
愛知県小牧市の三菱重工の工場で、試験中のLE-7ロケットエンジンが破裂。1人死亡。

過酸化水素:(かさんかすいそ、英: hydrogen peroxide)は、化学式 H2O2 で表される化合物。しばしば過水(かすい)と略称される。主に水溶液で扱われる。対象により強力な酸化剤にも還元剤にもなり、殺菌剤、漂白剤として利用される。発見者はフランスのルイ・テナール。

大気圏:(たいきけん、英: atmosphere)大気の球状層(圏)。大気(たいき、英: atmosphere、羅: Atmosphaera)とは、惑星、衛星などの(大質量の)天体を取り囲む気体を言う 。大気は天体の重力によって引きつけられ、保持(宇宙空間への拡散が妨げられること)されている。天体の重力が強く、大気の温度が低いほど大気は保持される。

大陸間弾道ミサイル:(たいりくかんだんどうミサイル、英語: intercontinental ballistic missile、略称:ICBM)は、有効射程が超長距離で北アメリカ大陸とユーラシア大陸間など、大洋に隔てられた大陸間を飛翔できる弾道ミサイル。大陸間弾道弾(たいりくかんだんどうだん)とも称する。アメリカ合衆国やソビエト連邦間では、戦略兵器制限条約(SALT)により、有効射程が「アメリカ合衆国本土の北東国境とソ連本土の北西国境を結ぶ最短距離である5,500km以上」の弾道ミサイルと定義された。

ソユーズ1号帰還失敗:ソユーズ1号は、1967年4月23日に打ち上げられたソビエト連邦の有人宇宙船である。宇宙飛行士としてウラジーミル・コマロフが搭乗していたが、ソユーズ1号のパラシュート格納容器の設計に問題があり、メインパラシュートが開かず、地球帰還時に地上に激突して死亡した。彼は有人宇宙飛行の歴史における、最初の飛行中の事故による死者である。

ニェジェーリンの大惨事:1960年10月24日にバイコヌール宇宙基地でソビエト連邦の大陸間弾道ミサイルR-16の試験打上げ時に発射台上で発生した事故のこと。試作ミサイルの試験飛行のため、発射台で準備が行われている間に誤って二段目のロケットエンジンが着火した。結果として地上で大規模な爆発に至り、多くの軍人や技術者等が犠牲となった。

リンク:

wiki



コメント