マスコミの不祥事一覧


* 2021/12/18.

カテゴリ 年月日 不祥事詳細
テレビ局日本 1968年3月10日 TBSのクルーが成田空港建設反対派の農民や活動家をゲバ棒に転用可能なプラカードとともに取材車両で輸送するなどの便宜を図った。その後このことを問題視した自民党から非難・抗議を受け、計8人が処分を受けた。
1985年8月 テレビ朝日の番組『アフタヌーンショー』で暴走族のリンチを特集したが、番組プロデューサーが依頼したやらせであることが発覚、プロデューサーが暴行教唆で逮捕された。
1989年10月26日 TBS情報番組スタッフがオウム真理教幹部に坂本堤弁護士のインタビューを放送前に視聴させ、オウム真理教による坂本堤弁護士一家殺害事件の引き金となった。
1991年4月 NHKの松平定知アナウンサーが泥酔状態でタクシー運転手に暴力をふるい、朝のニュースを降板・降格処分となる。
1993年9月21日 日本民間放送連盟の第6回放送番組調査会の会合に出席したテレビ朝日の椿貞良報道局長が第40回衆議院議員総選挙の際の報道について「反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしよう」と発言した問題を同年10月13日付の産経新聞が報道、「偏向報道」の疑いがあるとして放送法違反による放送免許取り消し処分が検討される事態に発展した。
1999年2月1日 テレビ朝日の『ニュースステーション』がダイオキシン高濃度検出事件を「葉物野菜から多く検出」と報道、間違ったデータや誤解を招きかねないイメージ映像を流した事で、所沢市産のホウレンソウなど野菜の価格が暴落した。
2003年10月24日 日本テレビの視聴率不正操作事件が発覚、同年12月30日の午前中に日本テレビ単独(ネット局無し)でこの事件についてのお詫びと事件についての説明をスポンサー無しで放送した。
2003年11月2日 TBSが石原慎太郎都知事の日韓併合に関する発言を捏造した。
2007年1月20日 関西テレビ制作の番組『発掘!あるある大事典II』で2007年1月7日放送分の納豆を取り上げた回において虚偽のデータを放映した事実が社内調査により発覚、打ち切りとなった。
2008年1月17日 NHK職員によるインサイダー取引が発覚。
2009年3月1日 日本テレビの『真相報道 バンキシャ!』が2008年11月に放送した岐阜県庁の裏金疑惑は取材報酬欲しさに捏造されたガセネタであった事が判明し、久保伸太郎社長の引責辞任に発展した。
2009年11月12日 市川市福栄における英国人女性殺人・死体遺棄事件の被疑者が行徳署から送検される際、それを撮影しようとしたTBS情報制作局のディレクターの男が規制線を乗り越え、制止した警察官を突き飛ばして怪我を負わせ、移送車両の前方に立ち塞がり車両の窓ガラスを数回叩いたとして、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された。「男は取り押さえられた後も抵抗していた」との証言もある。この時他のカメラマンも車両に駆け寄り大混乱となったほか、日本経済新聞社のカメラマンも後ろから何者かに押され、右手指の骨にひびが入る怪我をしている。男は「いい画像を撮りたかった。お騒がせして大変申し訳ない」と供述し、同日夕方に釈放された。
2011年8月4日 東海テレビが放送しているぴーかんテレビの中で急に画面が切り替わり、「怪しいお米 セシウムさん、怪しいお米 セシウムさん、汚染されたお米 セシウムさん」という表示が23秒間流れた。これは担当スタッフの悪ふざけであり、この事件で同番組は放送打ち切り、首謀者である担当スタッフは懲戒解雇、番組担当プロデューサー・ディレクターは謹慎処分、東海テレビ役員は減俸・降格処分という重い処分が下った。
2012年5月4日 日本テレビ系列の『芸能★BANG+』で虚偽のテロップが繰り返し表示され、これがきっかけで同番組は打ち切りとなった。
2013年11月23日 浜松市東区内で発生した殺人・死体遺棄事件で、静岡放送掛川支局所属の20歳代の男性記者が、被害者の遺体の写真を事件現場周辺に居住する人物から入手し、中日新聞東海本社の女性記者に1枚5000円で販売していたことが判明した。静岡放送は当該の男性記者を処分したとしているが、処分内容や取材の経緯などは明らかにしていない。
2017年2月22日 NHKが『ガッテン!』で睡眠薬の誤使用を助長する放送を行い、その後謝罪し、再放送の中止を決定した。
2021年3月12日 日本テレビ「スッキリ」内「スッキリすの週末オススメHuluッス」で、芸人がアイヌを揶揄する謎かけネタ発言を行なう。しかもコーナーは収録だった。人種差別であり、番組及び当日の「news every.」が謝罪する事態に発展。
テレビ局日本国外 2004年2月1日 スーパーボウル第38回大会のハーフタイムショーで、アメリカMTVが企画した番組の一部で歌手のジャネット・ジャクソンがジャスティン・ティンバーレイクとのデュエット中に片方の胸を露出する事件を起こし、激しい非難を受けた。当初はハプニングを装っていたが、意図的な演出だったことが判明した。この事件の影響で生中継したCBSが罰金処分を受けた。
2011年7月6日 香港の亜州電視が“北京情報筋発”として「中国の江沢民・前国家主席が死去」と報じたが政府が公式に否定し、誤報として撤回された。報道広報部門の重役が引責辞任する事態に発展。日本でも産経新聞が報道を引用し波紋が広がった。
2013年7月6日 アシアナ航空214便墜落事故を報じた韓国の東亜日報系放送局「チャンネルA」の男性キャスターが、犠牲者について「韓国人でなくて中国人で良かった。我々からすれば幸運だと思う」との発言をした。この発言について中国からはもちろん、韓国内からも痛烈な非難が浴びせられた。
新聞社日本 1950年9月27日 朝日新聞にて当時潜伏中だった日本共産党幹部伊藤律との単独会見に成功したとして会見記事を載せたが、実際は捏造であった。
1957年10月18日 読売新聞朝刊の社会面において売春防止法をめぐる収賄事件(内通者をあぶりだすため、検察が法務省に仕掛けたガセネタ。)が掲載された。読売新聞社は事実無根だと当事者から告訴され、執筆者は逮捕された。
1989年4月20日 朝日新聞の写真部員が沖縄県西表島で自ら傷をつけたサンゴを撮影し、同紙に掲載した。
1989年6月1日 毎日新聞にてグリコ・森永事件の犯人取り調べが行われたという記事が掲載されたが、全くの虚偽であった。
1989年8月17日 読売新聞は東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の容疑者である宮崎勤のアジトが発見されたと報道したが、虚偽の内容であった。また、記事を書いた記者の名前も処分も未発表のままである。
1999年8月3日 毎日新聞中部本社版朝刊に掲載されたコラム「一語一話」の内容が、朝日新聞のコラム「天声人語」の1975年8月18日付の記事内容と同一(一部語句を書き換えている)であることが同年8月5日に発覚、毎日新聞社は記事を執筆した中部本社編集局報道センター課長を論旨退職とし、同本社編集局長と報道センター長を役職停止1ヶ月 同本社代表と常務取締役を減給とする処分とした。
1999年11月 日本経済新聞の元記者が北朝鮮でスパイ容疑で逮捕され、2年間の拘束の後、国外追放の形で釈放された。元記者は公安調査庁と内閣情報調査室の依頼を受け、現地で入手した情報を日本政府に流していた。
2004年5月26日 読売新聞にて、新潟在住のバングラデシュ国籍の男性が、国際テロ組織アルカーイダと関連があるかのように報道したが、誤報だった。
2005年4月15日 産経新聞が第14回地球環境大賞の授賞式において秋篠宮文仁親王が「お言葉」の中でフジサンケイグループの主催に言及したとする虚偽の記事を掲載した。
2005年4月25日 JR福知山線脱線事故の際に、JR西日本が開いた記者会見の席で、読売新聞大阪本社社会部の記者が説明を行うJR幹部に「あんたらもうええわ。社長呼んで!」などと繰り返し罵声を浴びせる姿がテレビで放映され、視聴者からも批判が殺到した。
2008年6月18日 朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」で、13人の死刑執行を行った鳩山邦夫法務大臣を「死に神」と揶揄した。同法相や全国犯罪被害者の会(あすの会)などから強い抗議を受けた。
2006年11月から2008年10月 熊本日日新聞夕刊に掲載された医療特集「ピックUP」のうち、記事の一部がNHK出版が発行する『きょうの健康』のテキストからの転用だったことが2008年12月に発覚し、記事を執筆した50代の男性編集委員を部次長・総務局長に降格させた。
1989年10月から2001年まで 毎日新聞社の英語報道メディア毎日デイリーニューズで、低俗な内容、誇張や虚構にもとづく内容の記事が掲載・配信された。特に日本文化、および日本人に対する異常な記事が多かった。当初から「低俗」との批判が読者から寄せられていたにもかかわらず、2008年に表面化するまで毎日新聞社は全く対応しなかったばかりか、責任者の昇進を行うなど対応が後手にまわって抗議や疑問の声が拡大した。ネット上では「毎日変態新聞」という呼称が広まり、2008年のネット流行語大賞では4位にランクインした。
2009年1月 ジャパンタイムスで、AERAや週刊朝日の06年3月号から08年8月号までの記事11本、読売ウイークリーの01年4月号から08年7月号までの記事119本を無断で英訳してコラムにしていたことが発覚した。
2009年3月 朝日新聞社の社員が社内のパソコンからネット掲示板2ちゃんねる上で、部落差別や経済的弱者および精神疾患への差別を助長するような内容を書き込んでいたことが判明し問題になった。
2009年8月 産経新聞が開始した公式twitter上において、第45回衆議院議員総選挙の選挙結果について「産経新聞が初めて下野」、「でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経新聞の真価を発揮するところ」などと公式アカウント(社会部選挙取材班担当記者)が発言した事が判明し問題になった。
2011年7月7日 産経新聞が“香港・亜洲電視の報道”として「江沢民・中国前国家主席が死亡」と号外まで発して報道、しかし当の亜洲電視が直後にこの情報を撤回・謝罪した。10月 当の江が公の場に姿を見せ、産経の誤報であったことが確定した。なお、中国では要人の物故は新華社や中央電視台・中央人民広播電台により公式発表される。
2015年11月23日 新潟日報の50代の報道部長が、自身が所属する対レイシスト行動集団(通称しばき隊)に批判的な人物(新潟水俣病訴訟弁護団長を務めた弁護士の高島章や一般人)をTwitterで誹謗中傷していたことが発覚。新潟日報社は紙面にて謝罪した。
2017年6月17日 アメリカ海軍のイージス艦フィッツジェラルドが民間のコンテナ船と衝突して大破・浸水し、乗員7人が死亡した事件について、朝日新聞大阪本社編集委員が公式Twitterで「不明の乗組員にはお気の毒ですが、戦場でもないところでなにやってんの、と。」と書き込んだ。同艦は東日本大震災発生に際して被災地を救援するトモダチ作戦に参加し、行方不明者の捜索と物資の輸送に携わったこともあり、インターネットを中心に非難が殺到したことから、同委員は「米軍・コンテナ船事故に関するツイートを削除します。事故に遭われた方やそのご家族への配慮に欠け、不適切でした。不快な思いをされた方々におわびします」と謝罪するとともに当該書き込みを削除した。
2017年12月9日 沖縄自動車道で発生した人身事故について産経新聞の高木桂一(当時那覇支局長)が「危険顧みず日本人救出し意識不明の米海兵隊員 元アメリカ軍属判決の陰で勇敢な行動スルー」と題した自筆の、“報道しない”他紙を非難する論評入り記事で報じるが、内容はフェイスブックのタイムラインからの抜き書きで、当事者への直接取材はしていないことが琉球新報による後追いで判明した。産経新聞は記事を撤回・謝罪し高木を更迭した。
2020年6月19日 産経新聞とフジニュースネットワークが合同で行なう「産経・FNN合同世論調査」において、直前12か月分の内容について回答結果の捏造があったことが判明。
新聞社日本国外 2011年7月 イギリスの大衆紙ニュース・オブ・ザ・ワールドが、2009年から犯罪被害者遺族やセレブリティの電話通話を探偵などに盗聴させ、内容を元に記事を書いていた事が発覚し同紙は廃刊になった。社長のルパート・マードックが議会に召喚される事態に発展していった。
出版社 1971年8月21日 朝霞自衛官殺害事件、通称「赤衛軍事件」において朝日ジャーナルの川本三郎記者と週刊プレイボーイの記者がそれぞれ犯人に接触し、証拠隠滅を行った上で逃走資金を提供していた。2人とも後日逮捕された。
1995年2月 文藝春秋の雑誌であるマルコポーロが西岡昌紀によるホロコースト否認論を掲載し、ユダヤ人団体と駐日イスラエル大使館からの猛抗議により廃刊に追い込まれた。一方で歴史修正主義側からの反発も起こった。
その他国内 不明 FM佐賀『夕方ラジオ チェケラッチョ』内コーナーで、キリンビールから提供されていた販売促進のための聴取者向けプレゼントが1年にわたって未発送だった事が判明した。“賞品到着を以って当選者発表とする”ため発覚しなかった。当の賞品は社内で流用されていた。
2011年4月から8月 日本テレビ(「スッキリ!!」、「情報ライブ ミヤネ屋」)や朝日新聞が“東日本大震災の被災地・石巻市で、救援ボランティアを無償で診療する医師”として「ワールドフュージョン代表・米田きよし」を名乗る人物を紹介した。ところが、朝日が記事にした直後に「米田」は偽名、また免許も持っていない偽医師だった事が判明した。行方をくらまし、8月19日に医師法違反容疑で逮捕された。
2013年末から14年 「全聾の作曲家」「現代のベートーベン」と各社に紹介された佐村河内守が実際には譜面を書けず、湧いたイメージを新垣隆(桐朋学園大学講師)に依頼して譜面化していたことが判明した。全社が確認をしていなかった。
2016年6月30日 東海ラジオ『宮地佑紀生の聞いてみや〜ち』の番組生放送中に、パーソナリティの宮地佑紀生がアシスタントの神野三枝に暴行を加えていたことが2016年6月30日に発覚、愛知県警は宮地を傷害容疑で逮捕するとともに、宮地の番組も同日で打ち切りとなった。
その他日本国外 2012年12月4日 オーストラリアのラジオ局2Day FMのパーソナリティ2人が当時キャサリン妃の入院していたキングエドワード7世病院(en:King Edward VII's Hospital)にそれぞれエリザベス女王とチャールズ皇太子になりすまし電話をかけ看護師が病状を漏らした。7日に電話を最初にとった看護師が自殺しパーソナリティ2人に非難が殺到した。その後10日に2人は謝罪した。2013年6月にはパーソナリティの1人に対し親会社がトップDJの表彰を行い、オーストラリアのスティーブン・コンロイ通信大臣(en:Stephen Conroy)は不快感を示した。

インサイダー取引:上場企業の関係者が職務や地位を活かして株価に重大な影響を与える未公表の企業内情報を得、それらを元に自社株を売買し多大な利益を得ようとする行為。

セシウム:原子番号55の元素。元素記号は、「灰青色の」を意味するラテン語の caesius カエシウスより Cs。軟らかく黄色がかった銀色をしたアルカリ金属である。融点は28.44 °Cで、常温付近で液体状態をとる5種類の金属元素のうちの一つ。

ダイオキシン:ポリ塩化ジベンゾダイオキシンの通称。多くの異性体があるが、特に四塩素ジベンゾダイオキシン(TCDD)をさす。猛毒で、強い催奇性・発癌 (はつがん) 性をもつ。昭和46年(1971)使用禁止。ジオキシン。

ホロコースト:第二次世界大戦中の国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)率いるドイツ国がユダヤ人などに対して組織的に行った絶滅政策・大量虐殺。

教唆:ある事を起こすよう教えそそのかすこと。他人をそそのかして犯罪実行の決意を生じさせること。

日韓併合:韓国併合。朝鮮半島の権益を巡る日清戦争及び日露戦争後の1910年(明治43年)8月29日、「韓国併合ニ関スル条約」に基づいて大日本帝国(日本)が大韓帝国を併合して統治下に置いた事実を指す。日韓併合、朝鮮併合、日韓合邦などとも表記される。厳密には日本による朝鮮半島の統治は、大日本帝国がポツダム宣言による無条件降伏後も続いており、1945年(昭和20年)9月9日に朝鮮総督府が連合国軍への降伏文書に調印するまで実質的には約35年間続いた。

アイヌ:北は樺太から、北東の千島列島・カムチャツカ(勘察加)半島、北海道を経て、南は本州北部にまたがる地域に居住していた民族

ゲバ棒:学生運動において新左翼活動の参加者が手っ取り早く調達できる武器として用いる棒全般を指す。

フィッツジェラルド :アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の12番艦。艦名はウィリアム・チャールズ・フィッツジェラルド海軍中尉(William Charles Fitzgerald、1938- 1967)に因む。スタンダードミサイルSM-3を搭載するミサイル防衛対応艦船である。

公務の執行を妨害する罪:刑法に定められた国家的法益に対する罪で、国家作用に対する罪のうち公務に対する罪の総称

坂本堤弁護士一家殺害事件:1989年(平成元年)11月4日に旧オウム真理教の幹部6人が、オウム真理教問題に取り組んでいた弁護士であった坂本堤(当時33歳)とその妻子合わせて3人を殺害した事件

新潟水俣病:昭和電工鹿瀬工場の排水中に含まれたメチル水銀と河川に排出された無機水銀が微生物の働きによって有機化された有機水銀により汚染された魚を、阿賀野川で漁獲し、日常的に、かつ多食したことで引き起こされた食中毒(メチル水銀中毒)

朝霞自衛官殺害事件:1971年(昭和46年)8月21日に、東京都練馬区・埼玉県朝霞市・和光市・新座市にまたがる陸上自衛隊朝霞駐屯地で警衛勤務中の自衛官が新左翼によって殺害されたテロ事件

偏向報道:ある特定の事象について複数の意見が対立する状況下で、特定の立場からの主張を否定もしくは肯定する意図をもって、直接的・間接的な情報操作を行うといった報道のこと

歴史修正主義:歴史的な記述の再解釈を示すもの

亞洲電視:香港で最初に開局したテレビ局で、かつて無料地上放送を実施する香港のテレビ2社のうちの1社

ぴーかんテレビ:1998年3月30日から2011年8月4日まで東海テレビで放送されていたローカルワイド番組。主婦をターゲットにした番組で、東海3県での情報をバラエティ形式で提供していた。放送事故(セシウムさん騒動)の発生がきっかけで番組打ち切りとなった。

リンク:

wiki



コメント