宇宙開発関連の世界初一覧


カテゴリ :  
宇宙
  
衛星・ロケット
  
世界
  

* 2021/11/27.

カテゴリ 項目 世界初
ロケット・宇宙船 固体燃料ロケット(の原型) 火箭(1000年頃、中国)
液体燃料ロケット  ロバート・ゴダードらが開発(1927年3月16日)
宇宙空間(高度80km)に到達したロケット  V2ロケット(1942年10月3日、ドイツ)
高層大気観測ロケット  WACコーポラル(1945年9月26日)
再使用型宇宙往還機  スペースシャトルコロンビア(1981年4月12日宇宙空間を初飛行、アメリカ)
試験機のエンタープライズは1977年2月18日初飛行。
民間開発の宇宙船  スペースシップワン(2004年)
アマチュアが開発した宇宙ロケット(高度100km越え) GoFastロケット(2004年打ち上げ成功)
宇宙ステーション 宇宙ステーション  サリュート1号(1971年4月19日打ち上げ)
宇宙に行ったヒューマノイド  ロボノート2(2011年2月27日)
動物ミッション 宇宙に行った動物  V2ロケットに乗ったミバエ(1947年2月20日打ち上げ)
地球に生還した初の動物でもある
その後、サル、イヌ、ウサギ、カエル、モルモット、ネコ、カメ、カダヤシ目の魚、クモ、イモリ、寄生バチ、コクヌストモドキ、クマムシ、アメーバ、植物、菌類、ニワトリの受精卵、カイコ、マダガスカルゴキブリ、メキシコトビマメ、チョウ、アルテミア、サバクオオゴミムシダマシ、コオロギ、カタツムリ、コイ、メダカ、ウニ、クラゲ、チンパンジーなどが宇宙に行っている。
宇宙に行った哺乳類 V2ロケットに乗ったアカゲザル(1949年6月14日打ち上げ)
続いて、ハツカネズミやイヌがロケットに乗り宇宙へ行った。
地球軌道を周回した動物  スプートニク2号に乗ったライカ犬(1957年11月3日打ち上げ、ソ連)
地球軌道を周回して地球に生還した動物  スプートニク5号に乗ったイヌのベルカとストレルカ(1960年8月19日打ち上げ)
深宇宙に行った動物  ヨツユビリクガメ、チーズバエ、ミールワームなどが月軌道を周回(1968年9月14日打ち上げ)
宇宙空間に直接曝されて生き残った動物  フォトンM3に乗ったクマムシ(2007年9月)
宇宙で卵を身ごもった動物  フォトンM3に乗ったゴキブリ(2007年9月)
地球に戻って無事産卵。
宇宙で生まれた(孵化した)動物  不明
有人ミッション 有人宇宙飛行  ユーリイ・ガガーリン搭乗のボストーク1号(1961年4月12日打ち上げ、ソ連)
宇宙食  ボストーク2号搭乗のチトフ飛行士が宇宙空間で初めて食べ物を口にした(1961年、ソ連)
宇宙遊泳  ボスホート2号に搭乗したアレクセイ・レオーノフ(1965年3月18日、ソ連)
有人月周回  アポロ8号(1968年12月21日、アメリカ)
人類月到達  アポロ11号(1969年7月20日、アメリカ)
降り立った人物はニール・アームストロング。
宇宙旅行  デニス・チトー(2001年)
人工衛星 人工衛星  スプートニク1号(1957年10月4日打ち上げ、ソ連)
原子力衛星の墜落事故  コスモス954号(1978年1月24日)
全電気式衛星  702SP小型衛星(2014年)
気象衛星  タイロス1号(1960年4月1日打ち上げ)
Vanguard 2とすることも。(1959年2月17日打ち上げ)
受動型通信衛星  エコー1号(1960年8月12日打ち上げ)
能動型通信衛星  テルスター衛星(1962年7月10日打ち上げ)
動画撮影機能を有する商用観測衛星  SkySat(2013年11月打ち上げ)
衛星軌道から地球の写真を撮影  エクスプローラー6号(1959年8月14日撮影)
衛星軌道から月の写真を撮影  ルナ3号(1959年10月6日撮影)*世界で初めて月の裏側も撮影
世界初の量子通信衛星  墨子(2016年8月16日打ち上げ)[25][26]
宇宙探査機 宇宙探査機  ルナ1号(1959年1月2日打ち上げ)
太陽圏外を航行する宇宙探査機  ボイジャー1号(1977年9月5日打ち上げ、2012年8月25日頃太陽圏脱出)
光子セイル推進による惑星間航行機  IKAROS(2010年5月21日打ち上げ)
ローバー 月探査ローバー  ルノホート1号(1970年)
火星探査ローバー  マーズ・パスファインダー(1997年)
衝突・着陸 月へ到達(衝突) ルナ2号(1959年9月14日)
月へ軟着陸  ルナ9号(1966年1月31日)
月から離陸(有人) アポロ11号(1969年)
月から離陸(無人) ルナ16号(1970年)
月の裏側へ軟着陸  嫦娥4号(2019年1月3日)
金星へ到達(衝突) ベネラ3号(1966年3月1日)
金星へ軟着陸  ベネラ7号(1970年8月1日)
火星へ到達(衝突) マルス2号(1971年11月27日)
火星へ軟着陸  マルス3号(1971年12月2日)
木星へ到達(衝突) ガリレオ・プローブ(1995年12月7日)
小惑星へ到達(軟着陸) NEARシューメーカー(2001年2月12日)
小惑星から離陸  はやぶさ(2005年11月20日)
彗星へ到達(衝突) ディープ・インパクト(2005年7月4日)
彗星へ軟着陸  フィラエ(2014年11月14日)
軌道周回(地球軌道以外) 太陽軌道に乗った宇宙探査機  パイオニア5号(1960年)
月軌道に乗った宇宙探査機  ルナ10号(1966年4月3日)
火星軌道に乗った宇宙探査機  マリナー9号(1971年11月14日)
初めて地球外惑星の軌道に乗った宇宙探査機でもある。
金星軌道に乗った宇宙探査機  ベネラ9号(1975年10月20日)
木星軌道に乗った宇宙探査機  ガリレオ(1995年12月8日)
土星軌道に乗った宇宙探査機  カッシーニ(2004年6月30日)
水星軌道に乗った宇宙探査機  メッセンジャー(2011年3月18日)
小惑星軌道に乗った宇宙探査機  NEARシューメーカー(2000年2月14日)
彗星軌道に乗った宇宙探査機  ロゼッタ(2014年8月6日)
太陽と地球のハロー軌道に乗った宇宙探査機  ISEE-3/ICE(1978年11月20日)
太陽と地球のリサージュ軌道に乗った宇宙探査機  ACE(1997年8月25日打ち上げ)
サンプルリターン サンプルリターン  アポロ11号が有人で月の石を持ち帰る(1969年)
無人サンプルリターン  ルナ16号が無人で月の石を持ち帰る(1970年)
太陽風のサンプルリターン  ジェネシス(2004年)
宇宙塵のサンプルリターン  スターダスト(2006年)
小惑星からのサンプルリターン  はやぶさ(2010年)
地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンとして世界初。
発射場・宇宙港 商用宇宙空港  スペースポート・アメリカ
宇宙船用滑走路  ビル・リチャードソン知事スペースウェイ

V2ロケット:第二次世界大戦中にドイツが開発した世界初の軍事用液体燃料ミサイルであり、弾道ミサイルである。それ以前から開発されていたアグリガット(Aggregat)ロケットシリーズのA4ロケットを転用・実用兵器化し、宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスが報復兵器第2号(Vergeltungswaffe 2)と命名したため、この名で呼ばれることとなった。

ローバー:惑星や衛星などで使われる探査車。アポロ計画で初めて有人の月面探査車(ルナローバー・ムーンローバー)が使われた。火星ではマーズパスファインダー、マーズエクスプロレーションローバー、マーズサイエンスラボラトリーなどの探査計画において、地球から遠隔操作する、カメラや各種調査機器を搭載した火星探査車(マーズローバー)が活躍した。

火箭:昔の戦いで火をつけて射た矢。敵の施設や物資に火をつける目的で用いたもの。

リンク:

wiki



コメント