成田山新勝寺の歴史


カテゴリ :  
宗教
  
神社・寺院
  
千葉県
  
文化財
  
歴史
  

奇瑞(きずい):めでたいことの前兆として起こる不思議な現象。

敬刻開眼(けいこくかいげん):彫りあげるに際し、一刀三礼(ひと彫りごとに三度礼拝する)で仕上げた仏像を安置して佛眼を入れること。仏像に魂を入れる儀式を指す。

参籠(さんろう):神社や仏閣などに参り、一定の期間昼夜こもって祈願すること。おこもり。

* 2021/10/13.

西暦/年号 出来事
810
弘仁元年
弘法大師、嵯峨天皇の勅願により御本尊不動明王を敬刻開眼
939
天慶二年
寛朝大僧正、朱雀天皇より平将門の乱平定の平和祈願の密勅
天国の宝剣を賜り高雄山護摩堂の不動明王を捧持して下総に下る
940
天慶三年
成田山開山
寛朝大僧正、平将門の乱(天慶の乱)平定の平和祈願のため成田公津ヶ原にて護摩供を奉修
乱平定後、朱雀天皇より神護新勝寺の寺号を賜り勅願所となる
1063
康平六年
源頼義、本堂を再建
1114
天養元年
この頃、文覚上人、那智の滝にて御本尊不動明王の奇瑞を受ける
1180
治承四年
源頼朝、平家追討を当山に祈願
1188
文治四年
千葉常胤、本堂を再建
1336
延元元年
奧之院の板碑成る
1544
天文十三年
増上寺の道誉上人、当山にて参籠断食修行して奇瑞を受ける
1566
永禄九年
寺台城主 海保甲斐守三吉、諸堂を再建
1636
寛永十三年
照禅上人仁王尊造立、梵鐘鋳造
1649
慶安二年
増上寺の祐天上人、当山にて参籠修行し明智を授かる
1655
明暦元年
本堂を再建する(現薬師堂)
1674
延宝二年
水戸黄門徳川光圀参詣
1688
元禄元年
初代市川團十郎、御本尊の霊徳により一子久蔵(二代目團十郎)を授かる
1690
元禄三年
徳川将軍家より秘仏不動明王、二童子を賜る
1700
元禄十三年
照範上人、成田山中興第一世貫首となる
1701
元禄十四年
本堂(現光明堂)を再建
鐘楼、弁天堂、山門などの諸堂を建立
1703
元禄十六年
江戸深川永代寺にて最初の出開帳
この間、江戸城三之丸で桂昌院、御本尊に参詣する
成田山旅宿創設 深川不動堂(東京別院)の端緒
1704
宝永元年
佐倉藩主稲葉正通、出世稲荷の尊像を寄進
1705
宝永二年
佐倉藩主稲葉正通、黒印地囲護台50石を寄進し、寺領となる
1707
宝永四年
京都嵯峨大覚寺直末となり、金剛王院院室兼帯の令旨を受け
成田山金剛王院新勝寺と称す
常法談林の寺格を得る
1712
正徳二年
三重塔を建立
1722
亭保七年
一切経蔵を建立
1732
亭保十七年
清瀧権現堂を建立
1821
文政四年
七代目市川團十郎、金一千両をもって額堂(三升の額堂)を寄進
1829
文政十二年
二宮尊徳、断食参籠修行
客殿再建
1831
天保二年
仁王門を再建
1842
天保十三年
天保の改革により七代目團十郎、成田山延命院に寓居
1853
喜永六年
川越別院を開創
1858
安政五年
本堂(現釈迦堂)を再建する
1861
文久元年
第二額堂(現額堂)を建立する
1867
慶応三年
原口照輪上人、中興第十三世貫首となる
1870
明治三年
横浜別院を開創する
1877
明治十年
成田山花園(現成田山公園の前身)を開園
1879
明治十二年
大覚寺直末を離れ、智積院の直末になる
1881
明治十四年
明治天皇の行幸を仰ぎ、行在所となる
1882
明治十五年
明治天皇の再度の行幸を仰ぐ
1883
明治十六年
三池照鳳上人、中興第十四世貫首となる
1885
明治十八年
札幌別院を開創する
1888
明治二十一年
千葉感化院(成田学園)を経営
1894
明治二十七年
石川照勤上人、中興第十五世貫首となる
1896
明治二十九年
函館別院を開創する
1898
明治三十一年
成田中学(後の成田高等学校)を開設
新義真言宗智山派の別格本山となる
1901
明治三十四年
成田図書館(後の成田山仏教図書館)を開設
1905
明治三十八年
成田幼稚園を開設
1908
明治四十一年
成田女学校(後に成田高等女学校)を開設
1924
大正十三年
荒木照定上人、中興第十八世貫首となる
1928
昭和三年
成田山公園を竣工
成田山新更会を設立
1934
昭和九年
大阪別院を開創
1936
昭和十一年
奥殿、内仏殿を建立
1938
昭和十三年
成田山開基1000年祭記念大開帳を奉修する
開山堂を再建する
1946
昭和二十一年
真言宗智山派の大本山となる
1947
昭和二十二年
成田山霊光館を設立
1950
昭和二十五年
成田山勧学寮(後の勧学院)を開設
1953
昭和二十八年
名古屋別院を開創
1965
昭和四十年
松田照應上人、中興第十九世貫首となる
三升の額堂焼失
福井別院を開創
1967
昭和四十二年
成田高等学校付属中学校を開設
1968
昭和四十三年
大本堂落慶記念大開帳を奉修
1973
昭和四十八年
はぼたん幼稚園を開設
成田高等学校付属小学校を開設
1975
昭和五十年
光輪閣落慶記念大開帳を奉修
1980
昭和五十五年
光明堂、釈迦堂、三重塔、仁王門、額堂が国の重要文化財に指定される
1984
昭和五十九年
弘法大師1150年御遠忌
平和大塔落慶建立記念大開帳を奉修
1985
昭和六十年
十二代目市川團十郎襲名奉告の御練り参拝
1986
昭和六十一年
鶴見照碩上人、中興第二十世貫首となる
1988
昭和六十三年
成田山開基1050年祭記念大開帳を奉修
交通安全祈祷殿を建立
成田山仏教図書館・成田山仏教研究所が竣工
1992
平成四年
興教大師850年御遠忌記念大祭を奉修
聖徳太子堂を建立
成田山書道美術館を竣工
成田高校講堂、全天候グラウンド、男子・女子寮を竣工
1994
平成六年
平和大塔建立10周年記念大祭を奉修
成田山世界平和宣言を制定
1996
平成八年
先師墓地に慰霊堂を建立
1998
平成十年
成田山開基1060年並びに開山寛朝大僧正1000年御遠忌記念大開帳を奉修
真言祖師行状図絵・平成大曼荼羅が完成
成田山公園大修復が竣工
御本尊上陸聖地整備(浪切り不動尊像建立)
2002
平成十四年
橋本照稔師、中興第二十一世貫首となる
2004
平成十六年
十一代目市川海老蔵襲名奉告の御練り参拝
平和大塔建立20周年記念大祭を奉修
2007
平成十九年
総門落慶、総門を建立する
2008
平成二十年
成田山開基1070年祭記念大開帳を奉修
2017
平成二十九年
醫王殿を建立
2018
平成三十年
成田山開基1080年祭記念大開帳を奉修
リンク:

大本山成田山



コメント