イタリア飲食店の種類


カテゴリ :  
イタリア
  
外食
  
グルメ
  

* 2021/11/25.

名称 詳細
リストランテ(Ristorante) コース料理を中心の高級料理店。現在では、リストランテクラスの高級店ながら、オステリア・トラットリア、エノテーカ(居酒屋)と名乗り、カジュアルな印象を持たせたりする場合があり、店名だけで判断しにくくなってきている。
トラットリア(Trattoria) 大衆食堂。地方料理や家庭料理を出す個人経営、家庭経営の店。アルコール類も楽しめ、アラカルト料理を中心とする。
オステリア(Osteria) 軽食堂、居酒屋で、歴史をもち高級な料理店。アルコール類も楽しめ、アラカルト料理を中心とする。
ベットラ(Bettola) オステリアとほぼ同様で、イタリア語で食堂、台所という意味。
タヴェルナ(Taverna) トラットリアとほぼ同様。調理済みメニューを出す簡易店もある。
ロカンダ(Locanda) 専門店
ピッツェリア(Pizzeria) ピザ中心の専門店。
スパゲッテリア(Spaghetteria) パスタ中心の専門店。
エノテーカ(Enoteca) ワイン中心の専門店。居酒屋。「エノテカ」とも言う。
バーカロ(it:Bacaro)パニノテッカ(Paninotec) サンドイッチ屋
ビレリア(it:Birreria) ビールバー
ターヴォラ・カルダ(it:Tavola calda) 店内での飲食可能な惣菜屋
バール(Bar) カウンター席を持つ軽食店。アルコール類中心とは限らず、軽食、エスプレッソ、パン、ジェラートなどをだす店もある。
カフェテリア(Caffetteria) 喫茶店。バールと混ざった形態もある。

リンク:

wiki



コメント